2012年も終わりですね

2012-12-28

宮崎生協病院の仕事納めは、明日ですが…
一日早いご挨拶を。

2012年も、いろいろありました。

大変だったことや、涙を流したこと…
だけど、嬉しかったこともそれ以上にありました(≧∇≦)

来年も、力を合わせて頑張ります!
よろしくお願いします。

クリスマスコンサートをしました!

2012-12-21

PC190034.jpg
PC190023.jpg
PC190020.jpg

いよいよ、来週はクリスマスですね。
今日の宮崎は雨で、寒いです(T_T)

そんな中、毎年恒例のクリスマスコンサートを行いました。
外来の小児科スペースをお借りして、入院患者さんや家族を招いて行いました。

新人看護師たちは、ハンドベルをで「きよしこの夜」を演奏(みっちり特訓したそうです)
組合員さんは、フラダンスを5曲も!

医局の先生たちは「アブラハムの7人の子」を踊ってくれました。
患者さんたちの大爆笑をさらっていきました。

早く元気になるように、つまらない入院生活が少しでも楽になるように(≧∇≦)/
スタッフ全員が願っています!

在宅との連携強化!

2012-12-13

PC130013.jpg
宮崎生協病院には4つのクリニックの他に訪問看護ステーション・ヘルパーステーション・グループホーム・小規模多機能ホーム・有料老人ホーム・グループホームがあります。

厚労省の指針では「病院から在宅へ」と。

もちろん、病院より住み慣れた地域で暮らすことが、ご本人も家族も安らかな生活送れると思います。
でも、現状は難しいことが多々あります。

家族が24時間介護するのは難しい(だって仕事をされている方も多いですもんね!)
環境が整わない(すべての家が平屋バリアフリーではありません!)
家に帰るには、状態が不安定(超高齢化の時代です、若者のようにはいきません!)

などなど…
特に介護度の高い方の場合、自宅お世話する方の負担も大きくなります。
家に帰りたいと思っていても、やむなく病院や施設を選択しなければならない方もいます。

そんな方たち支えるために、介護部門が頑張っています。
同じ街に暮らしている職員が、自宅と少しでも同じような環境で暮らせるように工夫したり。
介護をされるご家族の負担を軽くするために、介護サービスの提供をしたり。

状態が悪くなったら、どの部門でも対応できるように月に1回会議を開いています。
その名も「地域連携会議」…そのまんまでしたね(T_T)

写真をみても分かるように、大ベテランが揃っています。


地域で暮らす方を支えるために!
これからも頑張ります!!

学術交流集会 その3

2012-12-08

学運交の2日目は、4つの会場に分かれての症例研究発表会を行いました。
全部署から43症例が出され、日頃の医療・看護活動を報告しました。

たくさんの参加者があり、活発な意見交換もできました。
とても、とても充実した2日間でした。

ごくろうさまでした!

学術交流集会 その2

2012-12-04

学術交流集会(通称・学運行と呼びます)1日目の夜は、大忘年会でした。

病院だけでなく、県内のクリニックや介護施設・訪問看護ステーションなどなど…
全職員が集まる、1年に一度の楽しい会です\(^o^)/

久しぶりに会うスタッフや、名前は知っていても初めて会う人たちもいます。
顔が見える関係って大事ですもんね。
とても、貴重な機会です。

忘年会の出し物も、熱狂的です。
恒例のSKBダンスサークルはレディガガやEXILEなど3曲も、踊ってくれました。
そして、介護施設「みんなの家」からはDVDを作成。大爆笑をさらっていきました。
大トリは医局! Drが全員で金爆をノリノリで踊りました。

いろいろあった、2012年ですが職員全員が団結して乗り越えました。
2013年もいい年でありますようにと願って、全員で手をつないで終わりました。

第5回 学術交流集会がありました

2012-12-03

12月2日~3日に第5回 宮崎民医連学術交流集会が行われました。
今回のテーマは「医療と介護の質の向上~終末期の視点から~」でした。

1日目は、終末期医療について。「どこまで医療を行うか?~積極的医療の差し控え及び中止に関する倫理的判断のヒント~」について熊本大学の浅井篤教授からお話をして頂きました。
終末期医療の指針などを判例も踏まえて教えてもらいました。

 また、シンポジウムは「終末期における医療と介護の質」副院長・訪問看護ステーション所長・緩和認定看護師・グループホーム所長の4名が討論を行いました。現場でかかえるジレンマや苦悩を話してくれました。涙がでそうな場面もありましたが、経験を通して感じたことだったので、心にグッときました(T_T)

ちょっと重いテーマでしたが、参加者は真剣に耳を傾けていましたよ。
日常の中で、不安に思ったり悩んだりしていることの手助けになったのではないでしょうか。

学生さんも3名参加しました。
とても勉強になったそうです(^ム^)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR