看護部の職責も頑張っています!

2013-11-27

看護部職責研修を先週の金曜日に行いました。
宮崎生協病院・クリニックや訪問看護の師長さんや主任さんや副主任さんが全員集まって
年に一回研修をしています。

今年は、熊本の菊陽病院・総師長さんを講師に迎えて「特定行為に係わる看護師制度」について学びました。
何度聞いても曖昧で、毎年々で制度が変わるので、職責も分からない事が多々でした(>_<)
PB220015.jpg
今回の研修では、情勢や他職種団体との関わりなども含めて説明をもらって「やっぱり、このままではいけない!」と痛感しました。

後半は、3グループに分かれてのディスカッション。
熱い討論を繰り広げました\(//∇//)\
PB220027.jpg

日頃の、看護活動を他部署の人に聞いてもらう機会でもあります。
職責ならではの悩みもあるんです(T_T;)

PB220022.jpg

半日ではありましたが、とても充実した時間でした。
PB220024.jpg

みなさん!お疲れ様でした!!

特定行為をする看護師って知ってますか?

2013-11-21

厚労省の「チーム医療推進会議」というところより、高度な医行為を看護師にも出来るようにしよう!という案が出ています。

高度な医行為って?
例えば、気管内挿管や動脈採血・検査のオーダーや読影など。
今まで医師のみに許されていた行為を、看護師にもさせようという制度です。

始まりは医師不足を解消する目的だったようですが、あまりにも怖い制度だなと私たちは思っています。

看護師の役割りって?
皆さんはどう考えますか?

医者の代わりをすること?
バリバリと処置や手術の介助ができるようになること?
一見、カッコイイように聞こえますが、患者さんから求められていることは違うかもしれません。

より安全性が求められている時代なのに、医師教育を受けていない看護師が行って大丈夫なのか。
きちんとした、指導や教育環境も整っていないのに、制度だけが先行して大丈夫なのか。

現場の看護師は不安がいっぱいです。

高齢者が増えていく中で、患者さんに寄り添って療養のお世話をする。
原点に戻ることが必要ですね。

と

意外と知られていない「特定行為に係わる看護師の研修制度」について。
皆さんも、考えてみてください。

雨天中止!

2013-11-11

日曜日の宮崎は雨。

と言うことで「健康まつり」は中止になってしまいました(´Д`)
去年に続いての雨天中止で、実行委員や出演予定者もがっくり…

来年こそは!
晴れてくれ~!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR