第5回 学術交流集会がありました

2012-12-03

12月2日~3日に第5回 宮崎民医連学術交流集会が行われました。
今回のテーマは「医療と介護の質の向上~終末期の視点から~」でした。

1日目は、終末期医療について。「どこまで医療を行うか?~積極的医療の差し控え及び中止に関する倫理的判断のヒント~」について熊本大学の浅井篤教授からお話をして頂きました。
終末期医療の指針などを判例も踏まえて教えてもらいました。

 また、シンポジウムは「終末期における医療と介護の質」副院長・訪問看護ステーション所長・緩和認定看護師・グループホーム所長の4名が討論を行いました。現場でかかえるジレンマや苦悩を話してくれました。涙がでそうな場面もありましたが、経験を通して感じたことだったので、心にグッときました(T_T)

ちょっと重いテーマでしたが、参加者は真剣に耳を傾けていましたよ。
日常の中で、不安に思ったり悩んだりしていることの手助けになったのではないでしょうか。

学生さんも3名参加しました。
とても勉強になったそうです(^ム^)

トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR